2015.5.21  ズッキーニ初収穫  晴れ 0.05〜0.05〜0.07

桑の実が沢山収穫できました。去年はメジロの大群についばまれて収穫出来なかったのですが今年はジャムに蜂蜜漬けにと楽しめています。天候を観ながら桑の葉茶も作ってみようと思います。

ネキリムシで欠株したところの為に、オクラ インゲン キュウリなどを撒き直しました。

カボチャも、6月下旬にもう一度まき直してみる予定です。

2015.5.14    晴れ   0.05〜0.48〜0.32〜0.28








スギナ汁の仕込み 2回目

5kg+5kg+10kgで計20kg

2015.5.11    晴れ後曇 0.05〜0.07〜0.19〜0.10  

オクラが20〜30本カジられてしまいました。スギナ汁と思ったのですが、雨の予報なので生糠を散布してみました。今回ちょん切られたのは黒マルチの方ばかりで 透明マルチの方は、被害ナシでした。 雑草の有無が原因に見えました。

 

2015.5.8    薄雲晴れ  0.07〜0.56〜0.25

5月6日に種蒔きした夏ダイコンと移植したエビスナンキン

2015.5.7    曇り晴れ  0.05〜0.05〜0.05

2015.5.1    晴れ    0.05〜0.07〜0.06 

4月30日 晴れ 0..05〜0.07〜0.05〜0.07

2015.4.28    曇    0.07〜0.20〜0.33〜0.07

2015.4.27    快晴   0.30〜0.34〜0.07〜0.25

週末にズッキーニ2種類、ミニトマト5種類、キュウリ3種類、オクラ6種類、ゴーヤ、セロリ、インゲン、マクワウリの定植とカボチャの種蒔きをしました。

絹さやエンドウがたくさん花を咲かせているので株周りを中耕土寄せして米ぬかボカシ、えひめAIを葉面散布しました。

遅れていたつる性植物の誘引ひも、キュウリネットも張りました。

2015.4.24         0.05〜0.05〜0.28〜0.08〜0.34〜0.19〜0.07

2015.4.23 明日の野菜   0.05〜0.05〜0.05〜0.05

左よりフキ、ラディッシュ、シロナ、小松菜、ダイコンの間引き菜、ニンジンの間引き菜、ゴボウです。

今年のボカシは米ぬかに麹、すぎな汁、えひめAI、甘酒、草木灰で発酵させました。スナップエンドウの株元に蒔いたラディッシュには効果大きく、ヨトウムシにかじられたり痛むことなく大きく育ちました。

3月31日 若ゴボウにアブラムシ発生

50度の温水を散布

4月23日 確認されず

  


.

2015.4.22 ズッキーニ、オクラ、カボチャの畑準備   0.58〜0.05〜0.15〜0.08

2015.4.21   0.05〜0.08〜0.08〜0.40

2015.4.20  0.40〜0.80〜1.40〜0.43

2015.4.17、パワー菌液「えひめAI」 

納豆菌、乳酸菌、酵母菌 の手作り菌液を作りました。納豆菌も 乳酸菌も酵母菌法 単独では 利用していたのですが 開発者の曽我部義明 先生のやりかた マイエンザ製法で 作ってみました。 お湯と砂糖とドライイーストとヨーグルト それから納豆


PHは4〜4.5位になりました。 

2015.4.16 明日の野菜

2015.4.7 明日の準備 九条ネギ





 

2015.3.21 ジャガイモの植付けをしました


昨年同様に今年も無農薬無肥料マルチで逆さ植え栽培にしてみました。。


前作がネギの場所にキタアカリ、前作がインゲン、ゴーヤの場所に男爵、メークインを植え付けです。結果は?


2015.3.19 明日の野菜 

上左より

ワサビ菜

菊菜

高菜

 

下左より

芽キャベツ

シイタケ

茎ブロッコリー

 

昨年12月5日に藩種したスナップエンドウが全て土中で腐ってしまったので、2月5日にセルトレーにまき直し2月25日にポットに移植3月10日に定植、6粒づつ30ポット もうはやネキリムシ?に 3から4株がやられています。去年作ったスギナ汁で虫除け。

株間にはラディッシュをバラ撒きしてみました。


九条ネギの植え替え第三弾、明日明後日のうちに完了予定

ネギの春蒔きはせずに植え替えたものを分けつさせて秋に再度植え替えて冬から来春用にする予定。

2015.3.12 明日の準備

2015.3.11 育苗中のトマト、ズッキーニ 霜害  種まき直し

2015.3.10 ジャガイモ植付け準備 ねぎ片付け

6月10日

6月4日

5月30日

5月21日

5月14日

秋冬準備
秋冬準備

2013.6.17onan

畝をたてない  足さない・引かない 草を刈るのみ 高低差も在るがままで 30~60種をまく  4~6月  観察中   高いところ→乾燥 低いところ→湿気 芽が出る→すぐ枯れる→消滅→一部再生 虫→蝶→トンボ→つばめ   F1タネ→自家採取たね    ※つぎは灰汁の利用

*

桑の実のジャム作り【6月9日 新月 (月齢 0.5)大潮】


桑の実が完熟してきたので、ジャム作りをします。

 

洗った後にヘタをとって水気を切る。そしてホールのままかミキサーにかけるかですが、今回は丁寧にヘタを取って ホールに挑戦します。

 

6月9日11時ごろから始めますので興味のある方はお気軽においでください。

収穫からジャム作りまで一気にしないといけないのでお手伝い大歓迎です。

ジャムの出来具合によってはお土産があるかも? 試食で終わるかもです。

大きな入れ物 持ってきてね!

 

2013.6.6 onan

クワの若葉
クワの若葉

6月6日 西の畑のクワの若葉です。

 

6月の若葉は、てんぷら・お浸し・汁の具 など

 

特に青汁に最適

 

各種ビタミンミネラルフラボノイドアミノ酸は

血糖値中性脂肪コレステロール値を下げて活性酵素により身体のさびつきを予防します。

 

糖尿病

高血圧

中性脂肪 LDLコレステロールを下げる

便秘・滋養強壮

 

クワの葉茶の作り方は、枝ごと生のまま天日干ししたり 蒸してから裁断・もみ・乾燥したり

また乾燥した後 ほうじ茶のように香ばしく煎る方法もあるようです。

いろいろな製方で違った味が楽しめそうです。

 

主要成分

スコポレチン

カロチン

ビタミンA B1

 

 

たかきび の種蒔 2013.6.6

タカキビ 
タカキビ 

浸水しておいたタカキビの種まきをしました。

多湿を嫌う為 北西のすこし高い場所を選んでみました。

 

すじ播き間30cm 

2粒づつ 

6cm間隔で

 

2週間後が楽しみです。

 

2013.5.15 onan

ハーブガーデン準備
ハーブガーデン準備
下刈り
下刈り
竹内孝功 著
竹内孝功 著

「無農薬・ずくなし家庭菜園」を目指すにあったっての教科書 

『これならできる!自然菜園』 竹内孝功 著   

 

すこしづつですが、土つくりとか、田の畑化とか、植物同士の相性とか、まがりなりにも数年先を見越した菜園環境プランを組みたてて、どう循環させるかを考えています。

 

菜園に適した通気がよくて水持ちのよい畑土つくりのための栽培計画を立てるためにも まず最初に土壌検査です。その上で、この地の環境や 現在の土ステージに見合った今年のプランの実行です。

onan 2013/3/5

::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::::

onan.2013/02/23
onan.2013/02/23
onan.2013/02/23
onan.2013/02/23

菜園と鍼灸院